MIONの吸音効果

MIONには吸音性能があります。その性能が心地よい音空間を作る秘密です。

検査方法は音を可視化するという方法。日本音響エンジニアリング様が独自に開発した「SoundGraphy」という、なんとも可愛らしい形をした機材で、沢山の小さな穴があり、そこから様々な情報を検知する仕組みの様です。そして音圧を、色で表す仕組み。
音が大きいと赤くなり軽減されると青くなります。

MION一個の性能と1000HZ、と音声で検査しました。

MION1個で1000Hz、2000Hzの検査

1000Hzの検査

音声の場合

そして、心地よい音空間とは。。。
沢山設置すると、この効果は高くなるけれど、まったく反響音のない空間も、心地よくないので、ほどほどの状態が丁度良いとの事。
残響音と言うのですが、コンサートホールでは長めの1.5~2秒、オフィスでは0.5~1秒が最適と言われています。空間の使用用途でも変わってきます。


反射が気になる壁面の面積に応じてMIONの枚数を調整してアートを楽しんで頂きたいと思います。また、音響は他の要素も関係していますので、別途、室内音環境の検査を依頼することもできるので、是非良かったらお問い合わせください。


日本音響エンジニアリング株式会社、SoundGrafhyはこちらから
https://www.noe.co.jp/business/acoustic-measurement/src-visualization/soundgraphy/






NO IMAGE
CTR IMG